人材育成の仕事に関わって20年以上。いろいろな企業様や学校、

団体様へ伺ってきました。その中で最近感じることは「座学の難しさ」です。

テキストの内容の把握や、確認など研修では必要な事ではありますが、座学に入る

と途端に眠たくなってしまうや集中力がなくなってしまう等、座学が難しいなと感じる

ことがあります。

ここ数年この傾向は多くあり、「google」などで答えがすぐにわかる社会だからでしょうか?

スマホの影響でしょうか?

山本五十六氏の言葉に

「やってみせ 言って聞かせてさせてみて 誉めてやらねば人は動かじ」

「話合い 耳を傾け承認し 任せてやらねば 人は育たず」

「やっている 姿を感謝で見守って 信頼せねば人は実らず」

まずは、先輩社員がやってみる「やり方」を教える。

「知らない「「できない」のではなく「分からない」だけ

その分丁寧な指導が必要な時代に入ってきました。

皆様の社員の方は、いかがですか?